【工場見学会】JCS研究会によるハリマ産業の工場見学  

2015年6月6日(土)、当社で工場見学会が行われました。
極東産機株式会社様主催のJCS研究会の2日間にわたるイベントに「ハリマ産業の工場見学」を絡めて頂き、全国からお集まり頂いた畳店の皆様に当社の襖作りをお見せする機会を頂きました。誠に有難うございました。

 

 

 

当社は襖屋ですので、畳店の皆様と同じ「和室」を相手にしておりますが、当社にとって「畳店」という存在は近いようで遠い相手でした。
如何にも協力できそうな間柄でありながら、情報交換をする機会が極端に少ないという実情から、この度のイベントはまさに願ってもない機会でした。

当社の工場、即ち当社の仕事を直接お見せ出来るビッグチャンスでしたので、数日前から準備をし、全社一丸となって皆様をお迎えました。午前班と午後班に分かれ、計2回行われた見学会でしたが、いずれも畳店の皆様たちの積極的で熱心な姿勢に心を打たれました。
襖屋には昨今感じられない「勢い」というものを感じました。こういう人たちと仕事をしたらきっと凄いことになるだろうと、少々息巻いてしまった程でした。

当社の工場には、「襖屋」という言葉からは想像できないであろう外国製の大きな機械(NCルーター)があり、この機械の性能や動き方は、襖に興味がないという方々にも少しは面白いと感じて頂けるものであったのではないかと想像しております。他にも、紙張りやふち打ちの工程が人気であったように感じました。

工場見学会

この度の工場見学では、当社は襖屋でありながら木製建具全般の製造が得意であることを少しはアピール出来たのではないかと考えております。
当社は依頼を受けてから製造するタイプの会社ですので、既製品というものがありません。

 

寸法形状が特殊であっても当社なら2~3日で仕上げてお渡し出来ます。
当社の建具制作の技術は長年「和襖」を作り続けたことによる副産物で、時折、家具を引き受けて戻ってくる営業がいるくらいです。

 

リフォーム等の現場でお困りの建具がありましたら、是非ハリマ産業へご連絡下さい。

「工場見学に行った」の一言で全社員が対応可能です。

 

イベント当日は社長自身もNCルーターの操作をしながら皆様に応対していた為、行き届かないところが多々あったと存じますが、皆様のご配慮によって無事に一日を終えることが出来ました。有難うございました。

皆様にとって一番の関心事は何であったのでしょうか。

いつか伺う機会があればと楽しみにしております。

今後とも、ハリマ産業を何卒宜しくお願い致します。

工場見学会

こんな記事も読まれています

Share your thoughts