【PR動画】敷居調整レール

日頃ご愛顧頂いている「敷居調整レール」のPR動画が完成致しました。

 

<敷居調整レールとは?>

襖などの和室建具は、取り付け枠(鴨居・敷居・柱)との間に不可避的にスキマが生じます。これまで、建具そのものを削る、または調整コマ(アジャスター)を取り付けるなどして枠に合わせるようにしてきましたが、これらの対処方法には様々な課題がありました。
(「敷居調整レール 説明編をご覧ください)

 

 

たて枠との間に生じるスキマ

枠と建具の間に生じるスキマ

 

動画内にもありますように、取り付け枠と建具との間のスキマは「敷居の落ち込み・浮き上がり」によって生じるものなので、建具を削っても解決しません。「スキマ問題」を根本解決するには、敷居そのものを水平に調整する必要があります。

(「敷居調整レール -使い方編-をご覧ください)

 

そこで当社は「敷居調整レール」を開発致しました。(特許取得済)

>>特許取得の記事へ

 

 

<特徴>

「職人不要」「薄畳対応」「美観維持」「クロムフリー」

「大手ハウスメーカー採用実績あり」「20万回の開閉テスト実施済み」

ドライバー一本で従来の課題点をオールクリア

敷居調整レールはドライバー1本でどなたでも簡単に取り付け&調整が行えます。

建具を傷つけないので美観を維持でき、強度が落ちることもありませんので安全です。

 

是非お問い合わせ下さい!

こんな記事も読まれています

Share your thoughts